2019/12/26

DTM等のレコーディング用にヘッドホンを欲しいが、高額なヘッドホンはちょっと無理、と考えた事は有りませんか?そこで、コスパ抜群のミドルクラスのヘッドホンから、レコーディングに最適なヘッドホンを5機種厳選しました。

この5機種は、単にコスパが良いだけでは有りません。上級機の音や構造を継承しているものが多く、うち3機種は、Shure、ゼンハイザー、AKGとプロユースの音響メーカーです。

スタジオ等のレコーディングモニター用にヘッドホンをお探しの方は、是非この記事を参考にして下さい。

レコーディング用のヘッドホンについて

レコーディングヘッドホンとは

レコーディングヘッドホンとは

レコーディング用のヘッドホンに求められる特性は、一言で言えば”を忠実に再生する”事です。変な音色を付けず、小さな音から大きな音迄忠実に再生される事が要求されます。

またヘッドホンに要求される性能では、周波数帯域が広く、解像度が高く、立ち上がり速度が速い等です。逆に、レコーディング用に要求されない(必要性が無い)事は、デザインです。

更に、耐久性が高い事が要求されます。一般家庭と違い、スタジオでは連続使用時間が長い等タフネスさが必要となります。

ハイジハイジ

それと、長時間掛けても疲れないヘッドホンがいいわ

良いヘッドホンを選ぶには

では、良いヘッドホンを選ぶにはどうした良いでしょうか?

当たり前かも知れませんが、一言で言うと、ご自分の好みに合ったヘッドホンを選ぶことが正解だと思います。何処にこだわりが有るか(解像度、低音の質感、装着感等)、優先順位をつける事で、選び易くなります。

ボーカリストの方は、御自分の声等を聴きながら歌う事が、気にならないヘッドホンが良いでしょう。

これからご紹介するヘッドホンは、ヒアリングテストを何回も行った結果、レコーディング用に最適とおすすめできるヘッドホンです。どれも特徴が有りますので、後述の「ヘッドホンの選び方のコツ」記事も参考にして選びましょう。

えいさんえいさん

それでは詳しくご紹介致します。気になったヘッドホンが有れば、チェックして下さい。

レコーディング用ヘッドホン おすすめの5選

SHURE SRH940


引用先:YouTube)shure公式

特徴

スタジオのシビアなモニターに対応する高音質なモデル
  1. 用途:バランスが良い周波数特性と、低歪み化によって、シビアなモニター用やリファレンスヘッドホンに最適。
  2. デザイン:スタジオのレコーディングエンジニアや、ミュージシャン等のプロ向けのデザイン。
  3. ボディ:頭をしっかりホールドするヘッドバンドや、便利な着脱式ケーブル(2種類)を採用。
  4. その他:ジッパー付きハードケースが付属。末永く使える様に、別売で交換用イヤパッドがある。

SHURE(シュア)社は、ヘッドホン以外に、マイクロホンやミキサー等のオーディオ機器を製造販売する米国のメーカーです。SRH940は、SHUREのヘッドホンの中でも、特に一押しのヘッドホンです。その理由は、価格を超えた音質の良さです。

このクオリティなら、「全帯域に渡る正確なレスポンスを備えたハイエンドモデル」(SHARE社カタログ引用)と呼ぶに相応しい製品でしょう。シビアなモニターには、おすすめのヘッドホンです。

音質

音を忠実に再現
  1. 中低域:低域はタイトで、ローエンド迄伸びている。中域はボーカルの表現力が素晴らしい。
  2. 高域:ハイエンドの延びが有り、息遣いまでリアルに表現する。金管楽器やシンバルの音が綺麗。
  3. ダイナミックレンジ:音の強弱も難なくこなし、フルオーケストラの広がり感も有る。
  4. その他:解像度は非常に高く、細かい音までしっかり再現する。

周波数バランスがフラットで、解像度が高く、立上がり等の反応が早いヘッドホンです。また、高域が非常に綺麗で、楽器一つ一つをリアルに再現します。

上位機種の、SRH1840やSRH1540と比較しても、音質的な差は少ないと感じました。

えいさんえいさん

SHUREは、古くからプロ用オーディオ機器のメーカーです。音にこだわる人も納得する音作りです。

外見と装着感

見た目の高級感は、さほど感じられません。実力主義(外見より音質重視)のヘッドホンかも知れません。

装着した時は、本体重量(322g)の割に、重く感じませんでした。耳の圧迫感は少ないですが、長時間装着すると頭頂部が圧迫される様な感じでした。

基本仕様

型式 密閉ダイナミック型
再生周波数 5Hz~30kHz
インピーダンス 42Ω(1kHz)
音圧感度 100db (1mW)
重量(ケーブル除く) 322g
公式サイト SHURE_SRH940

※リンク先からはブラウザの戻る(←)ボタンでこのサイトに戻れます。

SENNHEISER HD599


引用先:YouTube)eイヤホン

特徴

いろんな用途に使え、価格以上の実力がある
  1. 用途:音質の総合評価は、価格以上の実力。モニター以外にゲームや映画鑑賞からオーディオ用迄、オールマイティに使える。
  2. デザイン:ハウジングがプリン色の為、愛称「プリン」と呼ばれる。
  3. ボディ:SENNHEIZERらしく、耳を優しく包むヘッドバンド。軽量化され、長時間の装着も疲れ難い。
  4. その他:保証期間が2年と長い。別売で交換用イヤパッドがある。

SENNHEISER(ゼンハイザー)社は、ヘッドホンやマイクロホン等を手がける、ドイツの音響機器メーカーです。HD599は、人気モデルHD598の後継機種です。プリンなんて可愛いらしい愛称で呼ばれています。

この機種は、SENNHEISERのヘッドホンの中では、ミドルクラスですが、音質は価格以上の実力が有ります。装着性が良い為、長時間掛けても疲れ知らずです。

音質

音楽を楽しんで聴ける
  1. 中低域:開放型とは思えない程、低域は豊か。但し、ローエンドの延びは今一歩。中域は厚みが有り、ボーカルがとても綺麗。
  2. 高域:刺激的な音はなく、バランスが良い高域。
  3. ダイナミックレンジ:ほどほどの広さ。フルオーケストラより、ポップス系の音楽が得意と言える。
  4. その他:解像度が高い。ドラムを叩く音がパシッと決まり、楽器を明瞭に鳴らす。音の定位感も良い。

豊かな低域をベースに、マイルドな高域と言った周波数バランスです。クラシックの様なワイドレンジの再生より、ポップス系の音楽が向いている感じです。

トランスデューサーと言う独自技術が用いられ、定位感や反応スピードがとても良い印象です。音楽を楽しんで聴けるヘッドホンとして、お薦めします。

外見と装着感

ハウジングがプリンの様な独特な色の為、デザインは好みが分かれるかも知れません。しかし、安っぽい作りではなく、渋いと表現できる様なデザインです。尚Amazon限定で、ブラックモデル(HD599SE)も有ります。

イヤーパッドは耳をすっぽり包む大口径で、厚みがあるクッションをベロアという生地で包んでいます。この為、装着感に対しては、さすがSENNHEISERのヘッドホンらしく、抜群に良かったです。

プリン

令子令子

装着感が良くて聴き疲れしないなら、長時間使えるわね。

基本仕様

型式 開放ダイナミック型
再生周波数 12Hz~39kHz
インピーダンス 50Ω(1kHz)
音圧感度 106db (1mW)
重量(ケーブル除く) 250g
公式サイト ゼンハイザー_HD599


Meze Audio 99 CLASSICS


引用先:YouTube)Meze Audio公式

特徴

ウッドハウジングで高級感がある クラシック用に最適
  1. 用途:低音に量感が有る。クラシックのモニター用にお勧め。
  2. デザイン:ハウジングがウォルナット(クルミ材)の木製で、高級感が有る。
  3. ボディ:重量が軽いせいか、装着感は軽やかな感じ。ワイヤとヘッドバンドで、頭を包む仕組み。
  4. その他:別売で、専用ポーチや交換用ヘッドバンドがある。

Meze Audio(メゼ オーディオ)社は、2009年に創設されたルーマニアのヘッドホン・イヤホン専業のメーカーです。特徴は、天然木材を手作業で削り出したハウジングを使っている為、世界に一つしかないオリジナル品だそうです。

音質は、見た目より低域の量感があり、刺激的な音はしません。デザイン・音質とも、上品な感じのヘッドホンです。

音質

ナチュラルなサウンド
  1. 中低域:ボリュームたっぷりの低域に、上品な音色の中域が旨くバランスされている。
  2. 高域:刺激的な音はしない。ハイエンド迄フラットに伸びている。
  3. ダイナミックレンジ:大きな音より小さな音を旨く鳴らす感じで、適度な広さを持つ。
  4. その他:解像度や反応速度は普通だが、音の微妙な余韻を旨く表現する。

デザイン重視のヘッドホンかと思いましたが、見た目以上に音が良いヘッドホンです。中低域に厚みがあり、量感豊かな低域に、フラットな高域といったバランスです。

ウッドハウジングの影響か、強いアタック音は、刺激を抑える様な響きに変換されます。音場が広く、弦楽器やボーカルの表現力が豊かな為、クラッシックを聴くには持ってこいの逸品です。

外見と装着感

ウォルナット(クルミ材)のハウジングは、部屋のインテリアとしても楽しめます。もし埃等の汚れが気になる場合は、別売で専用ポーチが有りますので、これに収納しましょう。

装着感は良好で、ワイヤと手触りが良いソフトレザーのヘッドバンドで、優しく頭を包み込みます。重量も軽い(260g)為、長時間の使用でも疲れないでしょう。

明日香明日香

高級感が有るから、旅館やホテル等のお部屋にもフィットしそうね。

基本仕様

型式 密閉ダイナミック型
再生周波数 15Hz~25kHz
インピーダンス 32Ω(1kHz)
音圧感度 103db (1mW)
重量(ケーブル除く) 260g
公式サイト Meze Audio 99 CLASSICS


final SONOROUS II FI-SO2BD3

引用先:YouTube)final SONOROUS公式

特徴

チタン振動板の音は綺麗でプロモニター用にも使える
  1. 用途:明るい音色で、些細な音まで表現する。スタジオやミュージシャンのプロのモニター用に最適。
  2. デザイン:スタジオ等のプロが使う様なデザイン。
  3. ボディ:ハウジングは、共振を抑制するガラスを加えた強化樹脂を採用。またハウジングに穴を設け、筐体内部の空気の流れを最適化している。
  4. その他ドライバーユニットにチタン振動板を採用。またケーブルは、ロック機構付着脱式。

finalと言う名は聴き慣れないかも知れませんが、日本のS’NEXT株式会社の商標です。S’NEXT社は、ヘッドホンやイヤホン等を製造販売するメーカーです。このヘッドホンは、徹底した音質重視の設計ポリシーが伺える製品です。

ドライバーユニットには、チタン振動板が使われています。ハウジングの材料は、共振を抑制するガラスを加えた強化樹脂です。更に振動板の空気の流れを最適化する通気口(穴)を設けています。

音質

ハイレゾサウンドが楽しめる?
  1. 中低域:フラットな低域をベースに、明るめの中域がつながる。ボーカルは、ややハスキーな感じ。
  2. 高域:高域の延びが驚異的。楽器の倍音迄しっかり再生されている感じ。キーボード等の電子音がとても綺麗。
  3. ダイナミックレンジ:中程度の広さ。シンバル等の大きな音でも潰れない。
  4. 解像度(分解能):解像度は非常に高い。空気感までリアルに再現する。
  5. その他:音場は広い。

驚異的な高域の延びがあるヘッドホンです。周波数バランスでは、高域が強調された感じです。ハイレゾ対応のヘッドホンと明記されていませんが、おそらくハイレゾサウンドが楽しめるのではないかと思います。

解像度は非常に高く、些細な音もリアルに再現します。定位感も良い為、音源の位置まで明瞭です。もし、フラットな高域がお好みならば、SONOROUSⅢ の方が自然な感じが味わえるでしょう。

外見と装着感

スタジオやミュージシャン等のプロが使っていそうなデザインで、このデザインは好みが分かれるかも知れません。実物は写真で見るよりも高級感が有ります。

装着感は、イヤーパッドの感触が良い為、圧迫感は少ないです。重量がやや重い(410g)為、長時間の使用は厳しいかも知れません。

基本仕様

型式 密閉ダイナミック型
再生周波数 ‘- – –
インピーダンス 16Ω(1kHz)
音圧感度 105db (1mW)
重量(ケーブル除く) 410g
公式サイト final SONOROUS II

勉

インピーダンスが16Ωと非常に低い為、同じボリュームなら、他のヘッドホンより大きい音がでます。



AKG K553 MKII-Y3



出典:Amazon.co.jp

特徴

原音に忠実でボディの作り迄完成度が高い
  1. 用途:原音に忠実なサウンドで、スタジオモニター用にお薦め。
  2. デザイン:AKGらしく、大型のガッチリしたデザイン。
  3. ボディ:独自のハウジング構造で、空気の流れを最適化。ヘッド・バンドは13段階に細かく調整可能。ケーブルは、着脱式を採用。
  4. その他:50mmの大口径振動板を採用。堅牢性が高い為、保証期間が3年と長い。

AKG(アーカーゲー)社は、オーストリアの老舗の音響機器メーカーです。(正式な社名は、Akustische und Kino-Geräte Gesellschaft m.b.H)音楽スタジオ等の、プロの現場でよく使われる事で有名なメーカーです。

このヘッドホンは、K553 PROの後継モデルで、音質は無論の事、ボディの作り迄、とても完成度が高い製品です。密閉型ですが、開放型の様な、広々としたサウンドの傾向です。

ミスターエポックミスターエポック

保証期間が長い(3年)と言う事は、耐久性に自信があるのですね。

音質

原音に忠実なサウンド
  1. 中低域:パワフルな低域で、厚みがある。ローエンドの延びも十分。中域では、ボーカルが生々しい。
  2. 高域:フラットな高域で、音をはっきりと表現する。
  3. ダイナミックレンジ:広さは十分で、大きな音で鳴らしても、余裕すら感じる。
  4. 解像度(分解能):解像度は高い方。
  5. その他:AKGの中では、とても広がり感がある。ドラムのアタック音等の反応が早い。

密閉型のヘッドホンですが、音場が広く、音をはっきりと表現します。50mmの大口径振動板のせいか、低域はとてもパワフルです。周波数特性は、うまく調整されていて、ほぼフラットなバランスです。

変に味付けされた音は、全く感じられません。自然な音です。まさに、「原音の再現性を追求した」(AKG社カタログ引用)ヘッドホンと言えそうです。

外見と装着感

外見は、寒い国の防寒具を想像しそうな、大きなハウジングが目立つデザインです。堅牢な印象も与えます。サイズ的には大型ですが、掛けてみると、意外と心地よく感じられます。

また、ヘッド・バンドの長さは、13段階に細かく調整できる為、最適な位置にロックできます。あらゆる頭のサイズに対応したヘッドホンと言えます。

基本仕様

型式 密閉ダイナミック型
再生周波数 12Hz~28kHz
インピーダンス 32Ω(1kHz)
音圧感度 109db (1mW)
重量(ケーブル除く) 316g
公式サイト AKG K553 MKII-Y3)ヒビノ


ヘッドホンの選び方のコツ

ここでヘッドホンの一般的な選び方のコツについて、3つお教えします。

同じシリーズで比較する

同じシリーズのヘッドホン

同じメーカーで、同じ様な価格帯に複数の機種が有る場合は、もし「良さそうな機種だが今一歩」の機種が見つかれば、同じシリーズで別の機種を比較・検討して下さい。

たとえば今回選定した、final SONOROUS II で、高域が強調気味と感じたら、同じ様な音の傾向でフラットな周波数バランスの、final SONOROUS Ⅲ を比較して下さい。

音色が原音から離れているものは選ばない

音色が原音から離れたヘッドホンは、長く使うと、疲れがすぐに来たり、正しい音の評価が難しくなる事が有ります。ヘッドホン初心者の方であれば、原音に忠実と呼ばれているものを選んだ方が良いでしょう。

装着感が良いヘッドホン

長時間のモニターには、装着感が良いヘッドホンを選びましょう。注意する事は、装着感は、短時間のテストだと意外と判りにくいものです。できれば、15分以上装着したままで問題が無いか、確認できれば良いでしょう。

ハイジハイジ

長時間のモニターなら、SENNHEISER HD599、Meze Audio 99 CLASSICS、AKG K553 MKII-Y3 がおすすめです。

終わりに

如何でしたか。今回ご紹介したヘッドホンは、偶然にも海外メーカー製が多くなりましたが、レコーディング等のプロ用機材に強い(実績が有る)メーカーが選ばれた結果だと思います。

またレコーディングスタジオの方々は、原音(正しい音)をよくご存じですので、ここでおすすめしているヘッドホンなら、その期待に応えられる事と信じております。

この記事を参考に、良いヘッドホンが見つかる事を願っています。最後までお読み頂き、誠に有難う御座いました。